人生100年時代到来!売買の流れ・必要書類・よくあるトラブルなどを解説をご紹介いたします!

このサイトは、車を販売する方法の中で個人間売買がありますが基礎知識を身に付けることができる情報を掲載しています。
何も知らないままで売却をしてしまうと、トラブルが起きてしまう問題や、法的な問題に抵触する可能性もあります。必要となる書類の内容や、売り出しから購入者へと送るまでの一連の流れを事前に理解をしておく方法で成功に導くことができます。委託可能なサービスも使うことができるので、不安に感じるようであれば委任する方法も悪くはありません。

売買の流れ・必要書類・よくあるトラブルなどを解説

自動車の売却方法には個人間売買という手法もあり、所有者は高く売ることができるメリット、購入者側は安く欲しい車種を入手できるメリットがあります。
この方法では基礎知識は必要になり、必須となる書類は車検証とリサイクル券、自賠責証明や車税の証明、印鑑登録証明書や譲渡証明書などいくつもの提出物が求められます。書類を準備した後には写真撮影を行う必要性があり、トラブルに発展しないように慎重に撮影すべき箇所を確認することも欠かせません。
例えば左後部のバンパーの下側に傷が付いている場合、所有者が気付かなくても購入者からクレームが来てしまうので、今一度確認をした上で、傷がある場所は分かりやすく写真撮影をする方法でトラブルを回避できます。もしも面倒に感じる方であれば、一連の作業を委託できる会社があるので、任せてみる方法であればエンジンルーム内など問題がある箇所も指摘してノークレームで売却を行えます。

個人間売買で車を売却するときの流れを知ることは重要

今はインターネットを使って様々な売買をすることが可能となりました。ネットオークションなどでは実にいろんな物が出品されています。
たとえばマイカーを売却したいときでもこのオークションに出品することが可能です。マイカーを売却する方法としては中古車販売店を利用することが一般的でしたが、こうしたオークションを使って個人間売買をする人も少なくありません。しかし、個人で売買する方法は中古車販売店での売買とは異なりますので、まずはその流れを知ることが必要です。
個人間売買のおおよその手続きや流れは、売却したいマイカーの状態や価値を写真などを使って相手に確認してもらうことが必要になります。そして合意に至れば契約の締結に移行するわけです。このときに重要になるのが契約書の作成になります。この契約書に記載されたルールで売買が行われることになりますので、書類は自分と相手の2通が必要です。代金の支払いが済めばいよいよ商品車両の引き渡しとなります。
この他にも手続きは必要です。車両保険や自賠責保険の名義変更なども忘れずに行わなければなりません。マイカーを個人間売買するのはこのようなネットオークションを利用する以外に、友人などの知人に譲り渡す場合も基本的には同じ流れになります。

車を個人間売買する時の法的な手続きについて

クルマを個人間売買する際に、必ずクルマの名義変更をしなければなりません。クルマの名義変更には、車検証と印鑑証明書、実印が押印された委任状と譲渡証が要ります。
軽のクルマの場合は住民票と認印で問題ありません。譲渡する相手とナンバープレートの地名が違えば、ナンバープレートを外して新たに作ってもらう必要があります。買い手も同じく印鑑証明書と委任状、車庫証明を事前に警察に届け出て、確認してもらったのちに受け取る必要がありますが、これには数日かかります。税の申告書とともに、陸事で名義変更の手続きを行います。
個人間売買といっても、素人では行ってはいけないこともあります。ナンバープレートの封印です。陸事で新たなナンバープレートを受け取るとき、封印というアルミの丸い蓋のようなものを渡されますが、これは行政書士かディーラー、整備工場に依頼して付けてもらいます。譲渡するということで、自賠責保険の名義も変更しなければならないので、保険会社に名義変更の依頼をしましょう。

車の個人間売買をする時に知っておきたい価値の知り方

車を個人間売買する際に、お互いがその価値を知っておかないと、どちらかが大きく損をする可能性があります。
車の値打ちは、単純な査定額とは異なります。例えば、数十年前に発売されたようなヴィンテージのものは、その年式の古さから査定額はゼロになる可能性が高いです。しかし、「中古で公道を走れるもの、整備すれば乗れるもの」としての流通の少なさから、それをほしいと思う人の中にはどれだけ支払っても良いと考える人もいます。そのような人が全国に多ければ多いほど、その価値は高くなります。
個人間売買の際には、事前にインターネットなどで流通量や平均販売価格を調べておきます。通常のディーラーや中古買取店での査定とともに、中古販売専門店やヴィンテージ専門店に出向いておくと良いでしょう。また、その証拠となる査定証や平均売買価格の表をお店の人からもらっておくと安心でしょう。売買にかかわる人同士で、お互いに納得して受け渡しができるようにしておく方が、のちのちトラブルになりづらいと言えます。

車を個人間売買する時に仲介者は必要?

車の個人間売買と下取りどちらが良いのか悩む人も多いものですが、とにかく高く売りたいのであれば個人間売買の方が高くなります。これは考えれば当たり前の話であり、ディーラーに引き取って貰う場合、ディーラーもまた仕入れた車を売って利益を出さなければならないわけですから、市場価格よりも安い金額になります。
個人の間で取引をするのであれば、マージンを取られる相手がいないため市場価格に近い金額で売ることができるというわけです。
ただし、金銭的には得をすることが多いものの、トラブルに巻き込まれやすいというデメリットがあることを理解する必要があります。もとより個人間売買というのはトラブルになりやすいものに加えて、大きな金額が動く取引となるのでより注意が必要です。余計な面倒事に巻き込まれたくなかったり、知識がなくて個人間売買が上手くできる自信がないのであれば、素直にディーラーに下取りに出すのが手間賃だと思えばお得だと言えるでしょう。

著者:錦織豪

山梨県甲府市生まれ。カーディーラーの経験を元に車の売買に関する記事を書いています。

車 個人間売買